サイドカーに犬を乗せる

“サイドカーに犬を乗せる光景に関しては、犬も危険予知をする生き物で素早く走っているバイクから飛び降りる事はしない為、一人でおとなしくサイドカーの助手席に乗せる事も出来る様であり、それを見ている人々もほっこり和む瞬間となります。
バイクでツーリングをする事に関しては、特にサイドカーなどの助手席は小さな場所となっていて、そこで人が乗るよりも飼い犬が乗る方がとても和む事となり、そこでおとなしく運転席の助手席に乗りながらご主人とのツーリングを楽しむ事となれば、より良い形で色々とバイクの運転を行う事も楽しくなります。
サイドカーもそれ程走っているものでなく、小さな荷物などを載せたりする事で活用する部分でもあり、それぞれに犬を乗せる事となればやはり道路で信号待ちをしている状況などを見るとやはり注目を受ける事は必死となります。乗せるペットも飼い主の方を見ながら信頼を寄せている所などやはり素晴らしい光景として考えられます。”

続きを読む

サイドカーは3人乗りできる!

オートバイは基本的に1人乗り、条件をクリアしても2人までというのが通常の一般的な認識である。しかし、サイドカーを使い、免許の条件をクリアすれば3人乗りもできるようになる。これは車検証に記載の定員人数まで乗車OKなので、最大では4人乗りまで可能になるのだ。ただし、51cc以上のオートバイでなければ人をサイドカーに乗せることはできないので、その点は注意が必要である。サイドカーは排気量相当の二輪免許で運転することができるので、オートバイを持っているのならば新たに免許を取得する必要はない。オートバイに後からサイドカーを付けるのであれば車両の構造変更を陸運局に申請する必要があるが、バイクショップなどで相談しつつ進めていけばよい。何より、こうして登録を済ませておけば、二輪の免許が取り立てであったとしてもすぐに2人でのツーリングが楽しめる。通常なら免許取得後3年を待たねばならないところを、である。オートバイは1人で乗るものと思いがちではあるが、少しの手間と費用だけで、2人乗り、3人乗りで楽しく軽自動車のように使うこともできるのである。

続きを読む

似て非なる乗り物、サイドカーとトライク

サイドカーとトライク。この二つの乗り物は実に似ているが、様々な違いがある。法律上においても複数の法律がかかわって、両者の区分は複雑に絡み合っている。両者の決定的な違いと言えば、自走できるか否か、どの免許で運転できるか、の二点である。サイドカー、これはオートバイに付属した乗り物であって、自走することはできない。オートバイの左右どちらかにつけて、荷物や人を乗せるために始まったものである。車輪が駆動するタイプのものもあるが、走行はオートバイに頼るものとなっている。そして、サイドカーは自動二輪の免許で運転が可能である。対して、トライクは3つの車輪が二等辺三角形を描くように配置された一つのオートバイのことを指す。運転には普通自動車の免許が必要だが、AT限定でも運転することができる。ただし、排気量や構造によっては、トライクに見えて実はサイドカーとみなされるトライクもあるので、所有・運転するに当たってはショップの専門家と十分に相談することが無難である。

続きを読む

サイドカーの歴史と種類

側車、とも呼ばれるサイドカーの歴史は19世紀初頭のヨーロッパから始まる。その頃、庶民の足は高価な四輪自動車ではなく比較的安価なオートバイであった。このオートバイで多くの荷物や人を安価に輸送したい庶民のために開発されたのが始まりであり、豪華な屋根を付けたもの、荷物輸送のための荷台に特化したものなど、様々な種類が存在した。その仕組みとしても、単独で走行できるオートバイに後から付けるタイプや、最初の設計段階からオートバイの一部として組み込まれているタイプもある。第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけては、生産コストや生産制限の面から四輪自動車に代わって兵員を輸送するのにも使われた。第二次世界大戦の後期には四輪自動車に取って代わられたものの、現代にも名を残す名車はこの頃にも生まれている。日本においてサイドカーが普及したのは戦後のことになり、それ以前は小規模な軍事利用にとどまっていた。しかし、世界的な歴史と同じく、時を待たずして庶民の間に軽四輪自動車が普及してしまったがためにその市場は実に小さいものとなってしまった。とは言え、まだまだ根強い愛好家は世界各国に存在する。そして、フィリピンなどでは今でもサイドカーを付けたオートバイがタクシーとして現役で活躍しており、軍事的にもその利便性は確認され、採用され続けている。先進国ではその役割を四輪自動車におおむね譲ったとはいえ、サイドカーの活躍の場はまだまだ存在する。

続きを読む

サイドカーを、快適に乗るためにちゃんとした講習で、免許を取りましょう。

サイドカーを運転するにあたって、速度と車間距離にまず注意。車両重量が普通のオートバイより重いため、停止までの制動距離が長くなるので、十分な距離と速度で走行する必要があります。また、減速を怠ったりラフなハンドル操作をするとカー側の車輪や本車側の後輪が浮いてしまう、など操縦困難となり路外にはみ出し転覆等の事故に繋がってしまいます。サイドに乗る方は周りをよくみて、危なくないか運転手に指示を出して確認しましょう。サイドカーの免許は自動二輪車、オートバイの免許になり、排気量401cc以上のものについては大型自動二輪免許が必要です。税金、車検もオートバイと同じ扱いとなっているが任意保険については、側車付オートバイでの契約が必要となります。単車は、運転者の年齢20歳以上で免許取得後3年以上経過していれば高速自動車国道で二人乗りができるようになります。車検証に4人乗車が記述されていれば、高速道路での4人乗りまでOKということになります。但し50ccにサイドカーを装着した場合、サイドカーに人を乗せることはできません。安全な道路で練習、広い空き地あるいは交通量の少ない見通しの良い広い道にて、制限速度より低速度で走行します。まず直線での発進と加速そして減速を練習し次に、小回り旋回とS字走行を行い、徐々に速度を上げていきながらカー側が浮き上がりそうになるときの感覚を身につけましょう。事故のない快適なツーリングをして、乗るには運転する人とサイドの人が協力して練習しましょう。

続きを読む

サイドカーの基本的な乗り方

“サイドカーは普通のオートバイとは異なりコーナリングや方向転換などいかなる場合でもハンドルを左右に操作することで曲がります。さらにその左右非対称な形態から右と左ではコーナリング特性が大きく異なる為、基本的なハンドルポジションは脇をしめ、肘を絞り、手の平でグリップを前方へ押し出すようにしてハンドル操作します。
サイドカーの基本的な乗り方は、低速走行時や減速時はスロットルのON・OFFでハンドルの振れが起きやすいためスロットル操作とブレーキ操作は滑らかに行う必要があります。アクセルを閉じると本車はエンジンブレーキにより減速しますが、カー側は慣性の法則により前へ進もうとします。そのため減速する時は、カー側から押されるように進路が本車側に傾く傾向がありますのでご注意して下さい。
カーブの曲がり方は、カーブ手前の直線部分で十分に減速しコーナリング中は更にアクセルを閉じながら通過しコーナ後半で少しずつアクセルを開けながら通過するのが基本的な乗り方です。
コーナリング中にブレーキを使用すると想像以上に外側に膨らんだり内側に切れ込んだりして危険ですのでカーブ手前でコーナリング中にブレーキを使う必要のない速度まで十分に減速する必要があるのです。
最後に普通のオートバイと違い車両感覚的に最も注意すべき点がサイドカーの車幅です。見た目以上に車幅があるので最初は戸惑うかもしれませんが慣れてくれば普通のオートバイと同様に運転できますので十分な練習が必要なのです。”

続きを読む

サイドカーの種類と用途

側車とも呼ばれるサイドカーは、オートバイの左右どちらかに取り付けて使用する乗り物のことである。オートバイが単車と呼ばれるのは、「側車がついていないオートバイ」を指して呼ばれていた頃の名残である。その歴史は19世紀初頭にまでさかのぼり、ほぼオートバイと同時に始まっている。オートバイが手軽な庶民の足であったその当時、四輪自動車のように人や荷物をより多く運ぶために開発されたのがサイドカーなのである。当時は荷台に特化したものや、豪華な屋根がついているものなど、種類も豊富に存在していた。だが、今となっては基本的に屋根がなく、座席がついていて人を乗せるもののみが主流となっている。また、サイドカーは自走することはないが、その車輪が駆動するものとしないものとがある。これはかつて、軍事利用されていたものが原型となっており、車輪を駆動させると荒れた土地での走行に強くなるという特徴がある。どちらかと言えば車輪が駆動しない方が主流ではあるものの、駆動するものも一般に入手可能な程度には流通している。また、一般的に単車と側車のパーツに分かれており、取り外しができるものが多いが、取り外し不可能な一体型として設計されている種類も希少ながら存在する。日本国内やヨーロッパなどでは主に個人の趣味として所有され、走行しているサイドカーであるが、まだまだ四輪自動車が高価な東南アジアなどでは、現役のタクシーとして商用利用されてもいる。

続きを読む