サイドカーの種類と用途

側車とも呼ばれるサイドカーは、オートバイの左右どちらかに取り付けて使用する乗り物のことである。オートバイが単車と呼ばれるのは、「側車がついていないオートバイ」を指して呼ばれていた頃の名残である。その歴史は19世紀初頭にまでさかのぼり、ほぼオートバイと同時に始まっている。オートバイが手軽な庶民の足であったその当時、四輪自動車のように人や荷物をより多く運ぶために開発されたのがサイドカーなのである。当時は荷台に特化したものや、豪華な屋根がついているものなど、種類も豊富に存在していた。だが、今となっては基本的に屋根がなく、座席がついていて人を乗せるもののみが主流となっている。また、サイドカーは自走することはないが、その車輪が駆動するものとしないものとがある。これはかつて、軍事利用されていたものが原型となっており、車輪を駆動させると荒れた土地での走行に強くなるという特徴がある。どちらかと言えば車輪が駆動しない方が主流ではあるものの、駆動するものも一般に入手可能な程度には流通している。また、一般的に単車と側車のパーツに分かれており、取り外しができるものが多いが、取り外し不可能な一体型として設計されている種類も希少ながら存在する。日本国内やヨーロッパなどでは主に個人の趣味として所有され、走行しているサイドカーであるが、まだまだ四輪自動車が高価な東南アジアなどでは、現役のタクシーとして商用利用されてもいる。

続きを読む