サイドカーに犬を乗せる

“サイドカーに犬を乗せる光景に関しては、犬も危険予知をする生き物で素早く走っているバイクから飛び降りる事はしない為、一人でおとなしくサイドカーの助手席に乗せる事も出来る様であり、それを見ている人々もほっこり和む瞬間となります。
バイクでツーリングをする事に関しては、特にサイドカーなどの助手席は小さな場所となっていて、そこで人が乗るよりも飼い犬が乗る方がとても和む事となり、そこでおとなしく運転席の助手席に乗りながらご主人とのツーリングを楽しむ事となれば、より良い形で色々とバイクの運転を行う事も楽しくなります。
サイドカーもそれ程走っているものでなく、小さな荷物などを載せたりする事で活用する部分でもあり、それぞれに犬を乗せる事となればやはり道路で信号待ちをしている状況などを見るとやはり注目を受ける事は必死となります。乗せるペットも飼い主の方を見ながら信頼を寄せている所などやはり素晴らしい光景として考えられます。”

続きを読む

サイドカーは3人乗りできる!

オートバイは基本的に1人乗り、条件をクリアしても2人までというのが通常の一般的な認識である。しかし、サイドカーを使い、免許の条件をクリアすれば3人乗りもできるようになる。これは車検証に記載の定員人数まで乗車OKなので、最大では4人乗りまで可能になるのだ。ただし、51cc以上のオートバイでなければ人をサイドカーに乗せることはできないので、その点は注意が必要である。サイドカーは排気量相当の二輪免許で運転することができるので、オートバイを持っているのならば新たに免許を取得する必要はない。オートバイに後からサイドカーを付けるのであれば車両の構造変更を陸運局に申請する必要があるが、バイクショップなどで相談しつつ進めていけばよい。何より、こうして登録を済ませておけば、二輪の免許が取り立てであったとしてもすぐに2人でのツーリングが楽しめる。通常なら免許取得後3年を待たねばならないところを、である。オートバイは1人で乗るものと思いがちではあるが、少しの手間と費用だけで、2人乗り、3人乗りで楽しく軽自動車のように使うこともできるのである。

続きを読む

似て非なる乗り物、サイドカーとトライク

サイドカーとトライク。この二つの乗り物は実に似ているが、様々な違いがある。法律上においても複数の法律がかかわって、両者の区分は複雑に絡み合っている。両者の決定的な違いと言えば、自走できるか否か、どの免許で運転できるか、の二点である。サイドカー、これはオートバイに付属した乗り物であって、自走することはできない。オートバイの左右どちらかにつけて、荷物や人を乗せるために始まったものである。車輪が駆動するタイプのものもあるが、走行はオートバイに頼るものとなっている。そして、サイドカーは自動二輪の免許で運転が可能である。対して、トライクは3つの車輪が二等辺三角形を描くように配置された一つのオートバイのことを指す。運転には普通自動車の免許が必要だが、AT限定でも運転することができる。ただし、排気量や構造によっては、トライクに見えて実はサイドカーとみなされるトライクもあるので、所有・運転するに当たってはショップの専門家と十分に相談することが無難である。

続きを読む