似て非なる乗り物、サイドカーとトライク

サイドカーとトライク。この二つの乗り物は実に似ているが、様々な違いがある。法律上においても複数の法律がかかわって、両者の区分は複雑に絡み合っている。両者の決定的な違いと言えば、自走できるか否か、どの免許で運転できるか、の二点である。サイドカー、これはオートバイに付属した乗り物であって、自走することはできない。オートバイの左右どちらかにつけて、荷物や人を乗せるために始まったものである。車輪が駆動するタイプのものもあるが、走行はオートバイに頼るものとなっている。そして、サイドカーは自動二輪の免許で運転が可能である。対して、トライクは3つの車輪が二等辺三角形を描くように配置された一つのオートバイのことを指す。運転には普通自動車の免許が必要だが、AT限定でも運転することができる。ただし、排気量や構造によっては、トライクに見えて実はサイドカーとみなされるトライクもあるので、所有・運転するに当たってはショップの専門家と十分に相談することが無難である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です